妊婦健診(妊婦健康診査)は、ママの健康状態をはじめ、お腹の赤ちゃんの育ち具合を確認するためにとても重要です。

妊娠中は様々な変化が体にみられます。
自覚症状がなく、一見順調そうにみえたとしても、見えないトラブルが隠れている可能性があります。
気がかりなことや不安あるいは心配がなくても、妊婦健診は少なくとも毎月1回(妊娠24週以降は2週間に1回)は、必ず受けるようにしてください。

「いつもと違うかも」と感じたら速やかにご連絡を!

妊婦のイメージ写真

健診の日でなくても腹痛や出血などが見られるなど、「いつもと違うかも」と思ったら、遠慮せずにご連絡ください。特に以下のような症状が出たら、速やかにご相談ください。

  • 性器出血
  • 腹痛
  • 腰痛
  • 発熱
  • 吐きけ、嘔吐
  • いつもと違うおりもの
  • 強い頭痛
  • 激しい動悸
  • 今まであった胎動を感じなくなった など

検査内容

毎回共通する基本的な項目

健康状態の把握

妊娠週数に応じた診察を行います。

検査計測

ママの健康状態とお腹の赤ちゃんの発育状態を確認する基本検査(血圧、尿検査(糖・蛋白・ケトンなど)、体重測定)を行います。

保健指導(体調変化へのアドバイスなど)

妊娠期間を元気にお過ごしいただくための食事や生活に関するアドバイスを行うと共に、妊娠・出産・育児に対する不安や悩みの相談に応じます。
各都道府県の保健センターなどで無料のマタニティークラスなどが定期的に開催されており、一度受講のご確認することをおすすめいたします。

時期に応じて行う医学的検査

妊娠初期(妊娠9から10週)

  • 超音波検査(予定日決定)
  • 血液検査【初期に1回】
    血液型(ABO血液型・Rh血液型・不規則抗体)、血算(白血球、赤血球、血小板の数・大きさ・容積・形態など)、血糖、B型・C型肝炎抗体、HIV抗体、梅毒血清反応、風疹ウイルス抗体 サイトメガロウイルス抗体、パルボウイルス抗体
    HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス1型)抗体検査
  • 子宮頸がん検診(細胞診)
  • 性器クラミジア
  • 初期ドック(妊娠12〜13週で希望の方)
    妊娠20週~23週 乳がん、甲状腺超音波検査を行います。中期ドック(希望の方)

妊娠24週~27週

  • 血液検査(貧血検査、妊娠糖尿病スクリーニングテスト)
  • B群溶血性レンサ球菌培養検査
  • 超音波検査

妊娠28週~32週 卒業へ

  • 超音波検査
  • 後期ドック(希望の方)

妊娠の有無や子宮外妊娠などのチェックも重要

健診以外にも妊娠確認、異所性妊娠(子宮外妊娠)の確認、予定日の決定(妊娠週数の確認)、双胎か単胎か、双子の場合の膜性診断といって胎盤や羊膜の数の詳しく確認しいたします。
「妊娠12週になって胎児ドックで受診したら双子だった」というような事も実際あるので確認は重要です。
妊娠の有無を確認する検査では、尿検査と内診、超音波検査を行います。
すでに妊娠検査薬でチェックが済んでいる場合でも胎児の健全な発育と母体の健康のためにも、速やかに受診するようにしてください。

※妊婦健診と並行して胎児ドックはなるべく受検されることをお勧めいたします。
当院の妊婦健診では一般の病院、大学病院などで行う程度のスクリーニングは行いますが胎児ドックとは詳しさが全く違います。
生まれてから「やっておけばよかった」と思わないために、そしてこれはママやパパが自分でできる分娩の安全性を高める有効な手段の一つです。

乳房超音波検査(妊娠中)

近年食生活やライフスタイルの変化によって乳癌は11人に1人に起こると考えられています。
そして妊娠、授乳中の乳癌は非常に進行が早いと知られていて、発見時すでに進行しているケースも。
当クリニックでは乳癌検診は問診、視診、触診、エコー検査で行います(妊娠中ではマンモグラフィーは被爆の観点からおすすめできません)

甲状腺超音波検査(妊娠中)

女性の10人に1人は甲状腺疾患と言われており、その中で甲状腺腫瘍が発生することがあります。
妊娠中はhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の刺激により良性腫瘍でも大きくなります。
妊娠中に発見された甲状腺癌は転移していない限り出産後の手術でも問題ないとの報告もありますが、もし癌が発生しているのに気づかなければ産後に手術するタイミングを逃すことになりえます。