羊水検査とは

羊水穿刺のイメージイラスト

出生前診断のために行われる確定検査です。
妊娠16週以降に行う検査で非常に細い針(25ゲージ)を使って行います。
ほぼ100%染色体がわかります。0.3%の流産率と言われています。

羊水染色体検査では、妊婦さんの腹部に向けて細い針を刺して、羊水を採取していきます(羊水穿刺)。
羊水の中には胎児の細胞が含まれていて、これを調べることで染色体の数的異常や構造異常の有無を調べていきます。
数の異常であれば、ダウン症(21トリソミー)、18トリソミー、13トリソミー、ターナー症候群、クラインフェルター症候群、性別などの診断ができ、また染色体相互転座や染色体逆位、部分欠失といったこともわかります。

検査自体にかかる時間は数分程度ですが、検査後は、60分程度院内でお休みいただいて。その後、再び経腹超音波検査で胎児の状態を確認し、問題がなければお帰りいただきます。
結果につきましては、結果は迅速検査(QF-PCR)は3〜4日程度で、全ての結果は3〜4週間程度かかります(G-band)。

絨毛検査とは

絨毛穿刺のイメージイラスト

妊娠11週から15週までに行う確定検査です。
ほぼ100%染色体がわかります。
稀に絨毛(胎盤の元になる臓器)の染色体と赤ちゃんの染色体が一致しないことがありCPM(胎盤生モザイク 1〜2%)、注意が必要です。
0.3%の流産率程度の流産率と考えられています。

検査自体にかかる時間は数分程度ですが、検査後は、60分程度院内でお休みいただいて。その後、再び経腹超音波検査で胎児の状態を確認し、問題がなければお帰りいただきます。
結果につきましては、結果は迅速検査(Fish法)は6〜7日程度で、全ての結果は3〜4週間程度かかります(G-band)。