ブログをはじめました!

  • 2021.03.19

ブログをはじめました。

院長の依岡寛和と申します。

当院の胎児エコー検査で「より多くのママにもっと安心をお届けしたい」‼️

そんなコンセプトでクリニックを開設しました。妊娠するといろいろ心配になりますよね。年齢のこと、持病があるけど、上の子が生まれた時に病気が見つかったけど今回は大丈夫?、設備の整った病院で出産した方がいい?大きな病院でみてはもらっているけど2〜3分のエコーしかしてもらってないの大丈夫かな?、とにかく赤ちゃんに病気があったらどうしよう?かかりつけのクリニックは混みすぎて待ち時間が長すぎる、など悩みは尽きませんよね。

そんな不安やお悩みを抱えたママが毎日来院されています。そう思うのは自然なことで産婦人科医の私ですらこどもが生まれるまでとても心配でした。

クリニックや病院の教育方針、医師ひとりひとりポリシーなども違います。胎児の推定体重や子宮の入り口の長さなど妊婦健診で調べる範囲に関してはそれほど先生間で違いは無いと思います(実際はそうでもないですが) 。でも細かな診断に関しては技量は全く違うのに、一般のかたが見てもその先生の超音波検査がお上手かどうかはわからないものです。

だから胎児に病気があるかどうか知りたいのであれば個人的には産科医の超音波専門医などに一度でも見てもらう事をお勧めします。そこで当院でお勧めするママの不安に寄り添った超音波検査が胎児ドックです。胎児のいわば頭のてっぺんから足の先まで診察する検査となります。

当院の特徴としては

  1. 超音波専門医が最新の超音波機器を使って検査、診断を行います。
  2. 胎児超音波検査専用にレイアウトした診察室。
  3. 胎児の位置や姿勢を理由に検査ができないということは当院ではまずありません。
  4. 羊水や絨毛染色体検査も当院で可能。
  5. 複雑な結果でも当院遺伝カウンセラーがわかりやすくご説明いたします。
  6. 赤ちゃんの画像や動画をご自身のスマホに安全に転送します。

当院では妊婦健診も行いますが、分娩施設で健診を受けている方がたも紹介状の有る無しにかかわらず検査を受けていただけます。「自分の身は自分で守る」ではないですが「胎児の身はママ、パパが守る」とでも言えばいいのでしょうか?そんな意識がある程度必要だと思っています。

今の妊娠週数からすればいつ何の検査を受ければいいのかなどお問い合わせはぜひお電話を。(06-6622-7070)

最初は緊張されていますが、帰りにはみな笑顔に変わります。

中には感動しすぎて涙腺崩壊されるママも。

こんな赤ちゃんに逢えるんですから。

当ブログではママたちのお役立ち情報や当院のお知らせなども随時更新していく予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。

院長

PAGE TOP